オリンピック聖火台

オリンピック聖火台は、バンクーバー・コンベンション・センター 前のジャック・プール・プラザに位置し、バンクーバー市で2010年に行われた冬季オリンピックのために建てらた、鉄とガラス製の全長10メートルの聖火台です。

オリンピックの開会式の会場として使用されたBCプレイスの競技場で聖火が点火された後、このオリンピック聖火台にも点火されました。聖火台が立つバンクーバー・コンベンション・センターは、冬季オリンピックの時には、報道の拠点である「メディアセンター」として利用され、ここからオリンピックの最新情報が世界へ発信されました。緑化屋根をはじめ、海水を利用した空調設備やリサイクル材の利用など、建物全体が「グリーン」をコンセプトにし、最先端の設備を備えた建物です。聖火台が設置されている場所からは、山や海が広がる美しいノースバンクーバーの町並みが一望でき、水上飛行機の離着陸も見ることができます。バンクーバーの観光名所となっているこの聖火台は、リメンブランス・デーやカナダの日などの記念日には美しくライトアップされます。

Location
住所: 150 Canada Place, Vancouver, Canada, カナダ
さらに表示

ツアー&アクティビティ (2)

times
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準


バンクーバーのおすすめ


mobile_o
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975