シンガポールの観光スポット 目的地を全て表示 

ラッフルズ卿上陸地点

口コミ 9件

ラッフルズ卿上陸地点は、シンガポールのダウンタウン、ボートキーにあります。1819年にスタンフォード・ラッフルズ卿が上陸し、シンガポールをイギリス植民地として開発しました。周辺に立ち並ぶ高層ビルに囲まれた全長6メートルの大理石の白い像は、何もない未開地を繁栄させこの国を創設したシンガポールの父、ラッフル卿の偉大な功績のシンボルとなっています。

ラッフル卿はかつては東南アジアの小さな漁村にすぎなかったシンガポールを、無関税の自由港政策を敷き、アジアきっての貿易都市に繁栄させました。この屋外に建つラッフルズ卿の像の反対側には高層ビル群の美しい景色が見えます。ラッフル卿は、高層ビルが立ち並ぶシンガポールの現在の繁栄を感慨深く眺めているのではないでしょうか。

ツアーとチケット

目的地を全て表示