Viator

シェム リアップの観光スポット 目的地を全て表示 

クバール・スピアン(千のリンガの川)

アンコール遺跡のひとつであるクバール・スピアンは、シェムリアップの郊外に位置し、ストゥン・クバール・スピアン川の川底、川辺に刻まれたヒンドゥー教彫刻の遺跡です。「千のリンガの川」、または「千のリンガの谷」とも呼ばれるこの遺跡は、アンコール遺跡群から少し離れた場所にありますが、考古学好きや芸術好きには人気の観光名所となっています。

11世紀から12世紀にかけて砂岩からなる川床は削られ、ヒンドゥー教のシヴァ神、男根を象徴したリンガや女性器を象徴したヨニなどのシンボルや、聖なる生き物の彫刻が見られます。この彫刻の神聖な空間を流れる水は、聖水と化し、シェムリアップ全土を潤すように流れていくと言われています。山頂エリアにあるため、山の麓から山頂までごつごつした岩場や足場の悪い場所を通り約2kmのトレッキングが必要になります。トレッキングはかなりハードですが、カンボジアの歴史や芸術を鑑賞したければ、自然と一体化できるクバール・スピアンへのトレッキングはおすすめです。

ツアーとチケット

目的地を全て表示