サムスン美術館リウム

1 件のレビュー

サムスン美術館リウムは、漢江を見下ろす南山の麓に誕生した新しい美術館です。この美術館は、有名な建築家が設計したMUSEUM1(古美術館)、MUSEUM2(現代美術館)と三星児童教育センターの3つの建物に別れています。韓国国宝級の文化財や国内における近現代美術など、三星グループが所蔵する膨大な美術品コレクションが展示された韓国最大の民間美術館です。 スイス出身のマリオ・ボッタが設計を担当したMUSEUM1には、陶磁器、古書画、仏教美術、金属工芸品が展示されています。フランス出身のジャン・ヌーベルが設計を担当したMUSEUM2には、1910年代からの韓国と世界の近現代美術が展示されています。レム・コールハースによってデザインされた三星児童教育センターは、企画展の展示と芸術の教育施設となっています。 特にMUSEUM1の最上階に展示されている青磁は、韓国の伝統美術の神髄を感じることのできる工芸品で必見の価値があります。美術館内にはオーディオガイドや、週末の3時には無料の英語のガイドツアーも行なわれます。

Location
住所: 747-18, Hannam-dong, Yongsan-gu, Seoul, 韓国
さらに表示

ツアー&アクティビティ (2)

times
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準


ソウルのおすすめ


mobile_o
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975