華城

華城は、1794年~1796年に作られた朝鮮王朝時代の城塞で、ユネスコの世界遺産に登録されています。朝鮮王朝後期の18世紀末1794年、第22代王・正祖(チョンジョ)が政争により悲運の死を遂げた父を悼み、2年を越える歳月と数十万人の労力が投入され、この城壁が造り上げられました。朝鮮古来の築城法に加え、西洋の近代的な建築技法を中国から導入・活用し、優れた機能性と建築美を兼ね備えた建物です。

城壁の全長は5.7kmにも至る大きさです。4大門が美しい姿を残しており、北の長安門、東の蒼龍門・西の華西門・南の八達門が城へ入る入口となっていました。今日この大門や頑強な橋は、現代と華城のいにしえを繋げる架け橋となっています。城壁の中に48棟の建造物が現存しています。四方を見下ろしながら指揮できるよう建てられた2階建ての西将台、楼閣や櫓は、建築美にも注目です。

Location
住所: 11, Haenggung-ro, Paldal-gu, Suwon-si, Gyeonggi-do, South Korea, 韓国
さらに表示

ツアー&アクティビティ(22)

Close
icon-filter絞込み
すべて解除
並べ替え:標準











ソウルのおすすめ


Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975