光化門

光化門は、1395年に李氏朝鮮の初代国王・太祖李成桂によって景福宮の正門として建設されました。景福宮は、李氏朝鮮のソウル5大王宮の中で最大の宮殿です。景福宮は、豊臣秀吉の文禄の役(1592年)の際、焼失し、約250年間廃墟として放置されていた歴史をもちます。 日本統治時代には、朝鮮半島の政治中枢だった朝鮮総督府が建設される際に、景福宮敷地内の多くの建物が破損し、光化門は正面から移設されました。現在の光化門は、1968年に再建されたもので、以前の花崗岩ではなく、鉄筋コンクリートで再建されました。2006年の修復作業では、再び位置が移転され、門戸に掲げられた横額がハングルから漢字に変えられ再々建されました。 光化門では、朝鮮時代の鮮やかな伝統衣装をまとった守門軍の交代儀式が再現されています。その王宮守門将交代儀式は、午前と午後に別れ2回行なわれています。守門将交代儀式の見学は無料ですが、景福宮の参観は有料です。

Location
住所: 韓国
さらに表示
ツアー&アクティビティ(26)
Close
icon-filter絞込み
すべて解除
並べ替え:売れ筋












ソウルのおすすめ


Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975