アッピア街道とアウレリアヌス城壁

108 件のレビュー

アッピア街道(ViaAppia)は、ローマ帝国の紀元前4世紀の街道で、ローマ帝国のすばやい物流や兵隊の進軍用道路として重要な役割を果たしました。アッピア街道は歴史上初の重要な道で、ローマからイタリアの南東海岸ブリンディジまで続いています。

この街道は、建築家アッピウス・クラウディウス・カエクスの業績で、こう名づけられました。カタコンベや教会が並ぶ石畳を歩くことができます。

ローマ帝国が衰退し始めると、蛮人の攻撃や進入の標的となりました。紀元後3世紀、町の周りの7つの丘上にアウレリアヌス城壁が作られました。アウレリアヌス城壁は多くのゲートがあり、その一つであるサン・セバスティアーノ門でまだ良い状態で保存されています。この門は、アッピア街道が始まる地点にあったのでアッピア門と呼ばれました。

Location
住所: Via Appia Antica, イタリア
さらに表示

ツアー&アクティビティ (31)

times
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準













mobile_o
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975