プノンペンの観光スポット 目的地を全て表示 

カンボジア - ベトナム友好記念碑

1970年代後半に建設されたカンボジア - べトナム友好記念碑は、カンボジアとベトナムが不可侵条約を締結し、その誓いの記念碑として設置されました。記念碑は、プノンペン市内中心のあるボトム公園に聳え立ち、宮殿からも比較的近い距離に位置しています。カンボジア・ベトナム戦争後に、トゥールスレン収容所やキリング・フィールドなどの虐殺を行なったポルポト政権を追い出した共産党によって建てられ、歴史的に重要な記念碑となっています。

この記念碑は、ベトナムとカンボジアの兵士の英雄的な彫像を備え、その前にカンボジアの市民を代表する女性と赤ちゃんの像が立っています。1930年代にソ連で発展した「社会主義リアリズム」のデザインで建設されました。

ツアーとチケット

目的地を全て表示