沖縄の観光スポット 目的地を全て表示 

那覇

沖縄県の県庁所在地は、1921年に市制を施行して那覇市となりました。那覇市は、沖縄県の政治・経済・文化の中心かつ人口最大の都市です。かつては琉球王国の首都として栄えましたが、今では沖縄各島への玄関口として有名な那覇は、歴史や文化がいっぱいつまった都市です。

首里城は、琉球王国の宮殿で、高い文化的・歴史的な価値がある那覇の観光名所となっています。1945年の沖縄戦で灰燼に帰しましたが、1992年、沖縄の本土復帰20周年を記念し復元されました。観光名所の一つである漫湖は、那覇市と豊見城市にまたがる干潟であり、漫湖公園マングローブの林が広がっています。沖縄県立博物館・美術館は、沖縄の自然や歴史、文化などを紹介した博物館と沖縄県出身作家の作品を中心に展示された美術館からなる複合文化施設です。識名園では、中国の様式と沖縄独自の様式の折衷様式で建築されている琉球庭園で、那覇市の喧騒からのがれて一息つくには最適の場所です。