Viator

オアフ島の観光スポット 目的地を全て表示 

アリイオラニ・ハレ

ホノルル郊外に位置するアリイオラニ・ハレは、現在はハワイ州最高裁判所、法務図書館、ハワイ司法歴史センターを兼ね備える建物です。1872年に建てられたルネッサンス調の建物は、ハワイ王朝の中で最も西洋的な建物です。

アリイオラニ・ハレは、カメハメハ5世が宮殿にしようと考え建てられたものですが、完成する前に亡くなったため、結局ここが宮殿として使われることはありませんでした。アリイオラニ宮殿は、1889年ウイルコックス率いる100名余りの軍団が王宮広場と政府建物を占拠する反乱や、1893年にはハワイ準州としてアメリカ合衆国に併合されて、ハワイ王国が消滅したという数々の歴史の舞台となった宮殿です。 アリイオラニ・ハレは、1937年の宮殿の解体工事から逃れ、新しい改装案が出されましたが、1941年の真珠湾攻撃や、それに続く戒厳令により改装案は保留され、軍事基地として使用された歴史もあります。このように、アリイオラニ・ハレの改装は長年に渡り行われました。