モントリオールの観光スポット 目的地を全て表示 

アート広場

アート広場は、モントリオールの黄金時代である1960年代に開発されました。広く開放的な広場の周囲には、コンサートホールや劇場が建っています。1967年モントリオールで国際博覧会Expo67が開催された時、街の開発のため地下鉄、高層ビルなどが建設され、アート広場も開発事業の一環として建築されました。

その当時市長であったジャン・ドラピューは、強烈なオペラ愛好家だったため、世界的有名なパフォーマンスを開催できるコンサートホール建設を望みました。そして、アート広場の建設によって街の活性化を促す目的もありました。アート広場の建設は論議の中心だったため、国民や国政府からのサポートなく、ドラピューは彼の夢を自ら叶えさせ、モントリオールが誇る大コンサートホールを建設させたのです。今日、この有名なアート広場があるのは、彼の労力によるものです

アート広場にあるコンサートホールは、6つのホールを有し、座席数は8,000席を誇る大規模なホールです。アート広場は、モントリオールのカルチャーの中心拠点となり、文化遺産の価値ある建物となっています。

ツアーとチケット

目的地を全て表示