メルボルンの観光スポット 目的地を全て表示 

旧メルボルン監獄

旧メルボルン監獄は、メルボルンシティのラッセル通りにあるビクトリア州最古の現存する監獄で、博物館として一般公開されています。とても頑丈とされる石材ブルーストーンを使った監獄は、オーストラリア犯罪史上に名を残す盗賊ネッド・ケリーを含む、ビクトリア州で最も悪名高い犯罪者が収容されました。

1845年から1924年まで使用された監獄では、計135人の囚人が絞首刑に処せられました。博物館では、囚人のデスマス、拷問の道具、遺品、無実の罪で絞首刑にされた囚人の物語などが展示されています。

監獄は呪われていると言われ、幽霊の気配を感じる中、暗い過去を探るナイトツアーも催行されています。毎週土曜日には、有名なブッシュレンジャーであったネッド・ケリーの人生と死についてのライブパフォーマンスも開催されます。また、旧メルボルン監獄では、19 世紀から20世紀初頭にかけてのオーストラリアの刑事司法制度についても学ぶことができます。

ツアーとチケット

目的地を全て表示