メルボルンの観光スポット 目的地を全て表示 

ビクトリア国立美術館

ビクトリア国立美術館は、1861年にオープンした、オーストラリア最古の美術館で、国内で最も印象的な国際的絵画のコレクションが収蔵されています。市民からはNGVと呼ばれる国内最大の美術館は、近年改装を終え、多くの観客を魅了する常設展示、そして特別展示が開催されています。

NGVでは、ルネッサンス初期の珠玉の絵画コレクションから、レンブラント、ルーベンス、ピカソなどの作品、そして工芸品、テキスタイル、家具、陶器、石版画、エッチング、写真や衣類などが展示されています。入口のガラスの表面には滝のように水が流れ、建物の中に一歩入れば、大きなステンドグラスの天井から光が降り注ぎとても美しい内装です。

NGVが収蔵するコレクションは、2つの美術館で展示されています。その一つであるセントキルダロード沿いにあるビクトリア国立美術館インターナショナルでは、世界の絵画や美術品が展示されています。もう一つは、フェデレーションスクエアにあるNGVオーストラリアとも呼ばれるイアンポッターセンターです。アボリジニのアートなど国内の素晴らしい美術品が展示されてあります。