メルボルンの観光スポット 目的地を全て表示 

チャイナタウン

メルボルンから中国・上海まで約8,000キロの距離がありますが、メルボルンのチャイナタウンにいると上海にいる錯覚の襲われるのです。スワンストン・ストリート端、リトルブルーク・ストリート西側に建つメルボルンのチャイナタウンは、サンフランシスコのチャイナタウンと並び、西半球最大にして最古のものです。

1851年ビクトリア州のゴールドラッシュ時代に労働者によって建てられたメルボルンのチャイナタウンは、中国系移民のコミュニティーの中心地として栄えました。街の入口にあたる中国風の赤い門をくぐると、周囲とは違った独特な雰囲気が醸し出されています。路地にある飲食店からは、飲茶や四川料理の美味しそうな匂いが漂ってきます。以前は、アヘンや売春宿として名の知れていたエリアでしたが、現在は、色鮮やかなグルメで有名な場所として人気のある観光スポットとなっています。

ツアーとチケット

目的地を全て表示