フリート・ストリート

1 件のレビュー

フリート・ストリートは、16世紀にロンドンにおいて印刷や出版産業の中心として有名になった場所です。1702年にイギリス最初の日刊新聞であるデーリー・クーラントがここで初めて創刊され、英国の新聞街として発展していきました。

ロイター、デイリー・テレグラフ、デイリー・エクスプレス、メトロのなどの多くの新聞社の本社・支社があった場所です。現在は、 各社とも他のエリアへ転出してしまいましたが、未だに「フリート・ストリート」は、英国ジャーナリズムの代名詞として使用されています。

フリート・ストリートでは、架空の連続殺人者であったスウィーニー・トッドが有名です。彼を題材にしたミュージカル『スウィーニー・トッド』や、そのミュージカルをティム・バートン監督が2007年に映画化した作品、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』は有名です。スウィーニー・トッドは、186番地で理髪店を営んでおり、裕福な被害者を地下に落として殺害します。共犯者であるパイ屋のラベット夫人が、死体の肉をミートパイに混ぜて焼き上げ、何も知らない客に売りさばくという奇怪な話です。

Location
住所: Fleet Street, London, England, イングランド
さらに表示
ツアー&アクティビティ(16)
Close
icon-filter絞込み
すべて解除
並べ替え:売れ筋









Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975