Sandakan Sepilok Orangutan Rehabilitation Centre

The Sepilok Orangutan Rehabilitation Centre near Sandakan is one of only four places in the world set up to preserve and protect orangutans. Established in a corner of the Kabili-Sepilok rainforest reserve in 1964, the center has expanded in recent years as the number of orphaned and abandoned orangutans has grown due to ongoing destruction of their habitat. The center cares for these endangered animals until they are strong or old enough to return to the Borneo jungle, offering daily feedings of milk and bananas to supplement their diets while encouraging them to start foraging for themselves. Other animals treated at the center include gibbons, sun bears, elephants, and Sumatran rhinos.

A raised wooden walkway takes you to a feeding platform, where orangutans living wild in the reserve emerge from the rainforest to free feed if they wish. While not all the orangutans make an appearance at feeding time (there’s no guarantee any will show up at any given feeding), this is the best opportunity to see them in their natural habitats. Visitors can also observe adolescent orangutans in their final stages of rehabilitation in a protected outdoor nursery facility.

Practical Info

The Sepilok Orangutan Rehabilitation Centre is 15.5 miles (25 km) north of Sandakan, on the edge of the Kabili forest reserve. It is open every day from 9am to 4pm, and can be reached by public bus in 45 minutes (4RM per person) from the city. Most guided tours to the center include hotel pickup and drop-off from Sandakan. Admission to the center costs 30RM, and the ticket allows you to attend both feedings that day. There is also a camera fee of RM10 if you want to take photos during the feedings.

The center purposely keeps supplemental feedings bland and boring to help encourage the apes to forage on their own. During the fruiting season when naturally growing food is abundant, it’s possible that few or no orangutans show up at feeding time. Whether at the nursery or the feeding platform, touching of the orangutans is not permitted, both for the safety of the apes and the visitors.
Location
住所: Jalan Sepilok Batu 14, Sabah, Kota Kinabalu, マレーシア
clock-o
営業時間: Open daily 9am–4pm
ticket-star
入場料: Kota Kinabalu
さらに表示

ツアー&アクティビティ (4)

times
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準

サンダカンのセピロック・オランウータン・リハビリテーション・センターへの日帰り旅行、コタキナバル発

サンダカン・セピロク・リハビリテーション・センターに行くこの素敵なツアーでは、ボルネオのジャングルを探訪します。野生のオランウータンを守る活動について学びましょう。献身的な専門の自然研究者チームが、孤児となったオランウータンに対し、自然界に戻った際に生き残るために必要な術を教える様子を観察しましょう。
  • 所要時間: 8時間
  • 使用言語: 英語
最低価格
$119.98 USD
詳細を表示
  • 所要時間: 8時間
  • 使用言語: 英語
最低価格
$119.98 USD

サンダカン終日 セピロク森林保護区 オラウータン・マレーグマ見学ツアー

セピロク・オランウータン・リハビリテーション・センターとボルネオ・マレーグマ保護センターの終日ツアーに参加し、ボルネオの野生動物と一緒に一日を過ごしましょう。8人以下の小規模グループで行動し、天然の熱帯雨林環境でリハビリをオラウータンを観察、餌やりを見ることもできます。さらに、かつてリトル香港と呼ばれたサンダカンを観光する前に、保護センターでマレーグマを見ることができます。昼食とホテル送迎付き
  • 所要時間: 10時間
  • 使用言語: 英語
最低価格
$121.20 USD
詳細を表示
  • 所要時間: 10時間
  • 使用言語: 英語
最低価格
$121.20 USD

サンダカンまたはコタキナバルからの終日のオランウータンとプロボシスモンキーツアー

サンダカンまたはコタキンバルからのこの1日の一日のツアー(自分のフライトを手配しなければなりません)でボルネオの最も興味深い霊長類の2人との経験を組み合わせましょう。 Sepilok Orangutan Rehabilitation CenterとLabuk Bay Proboscis Monkey Sanctuaryの両方を訪れ、自然環境で住民を見て保護活動を学ぶ。
  • 所要時間: 10時間
  • 使用言語: 英語
最低価格
$148.30 USD
詳細を表示
  • 所要時間: 10時間
  • 使用言語: 英語
最低価格
$148.30 USD

Viatorの新着情報

オランウータンとプロボシスモンキー

コタキナバルからサンダカンまで飛行機で45分、ジャングルのボルネオ・ワイルド・マンとも1日以内に出会う。この短い休暇で、あなたはオランウータンリハビリセンターに行き、午前10時に授乳セッションを目撃します。オランウータンを見るために野生動物リハビリセンターに入る前に、25分の短いドキュメンタリービデオを見るでしょう。次に、あなたはラブック・ベイ・プロボシス・モンキー・サンクチュアリに行きます。ラブック湾はすばらしい場所であり、森林の多くの生き物、特にProboscis Monkeyが滞在する場所を手助けします。彼らはあなたの授乳セッションを楽しんで、あなたが望むように多くの写真やビデオを撮影することができます。
  • 所要時間: 1 日
  • 使用言語: 英語
最低価格
$142.00 USD
詳細を表示
  • 所要時間: 1 日
  • 使用言語: 英語
最低価格
$142.00 USD

コタキナバルのイチ押し観光スポット

コタキナバルのおすすめ


mobile_o
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975