カオダイ教総本山

95 件のレビュー

ベトナム南部には、新興宗教であるカオダイ教寺院がたくさんありますが、その中でもカオダイ教総本山は目を引く美しい寺院です。この奇抜なデザインの寺院は、20年の歳月を経て1956年に完成しました。

この寺院、西洋と東洋の折衷と言われる建築です。カオダイ教は、仏教、キリスト教、イスラム教に加え、儒教と道教を模範とした混合宗教で、教会、パゴダ、モスクも組み込まれた寺院です。正面入口には、美しく彫刻された龍が構えています。外観は、独特の色彩で異様な存在感を放っており、建物に描かれたカオダイ教のシンボルマークである天眼も目を引きます。 豪華な室内装飾が特徴なロココ様式の内装は、外装と同じように奇抜で、パステル色が目に付きます。キリスト、釈迦、ムハンマド、孔子、老子、バラモンを始めとする聖人像が飾られ、一層風変わりな趣を増しています。昔の戦争の歴史の面影は薄れ、平和的な雰囲気がある場所です。

Location
住所: Tay Ninh, ベトナム
さらに表示

ツアー&アクティビティ (32)

times
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準












ホーチミンのおすすめ


mobile_o
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975