ドバイの観光スポット 目的地を全て表示 

ドバイ砂漠自然保護地区

口コミ 409件

ドバイ砂漠自然保護地区は、アラブ首長国連邦の中で最初に指定された国立公園で、国内最大の規模を誇ります。姿を変える砂丘が広がり、砂漠特有の植物が生息するこのエリアは、かつて広大なラクダのファームでした。南アフリカの国立公園に影響を受けたムハンマド・ビン・ラシード・アール・マクトゥ-ムが、ドバイの絶滅の危機に瀕する動物や植物を本来の生息地である砂漠の中で保護することの必要性を感じ、1933年にこのエリアを購入しました。

ドバイ領土全域の5%(225平方km²)に相当するこのエリアは、危険にさらされている砂漠環境と絶滅危惧種を保護するためにドバイ政府によって設立され、ラクダによって踏みつけられ、食い荒らされた木々の代わりに6,000本が植林され、砂漠の生態系を維持させるために砂漠固有の草や低木も植えられました。この自然保護地区の一番の成功は、アラビアオリックスが蘇ったことです。この自然保護区が設立された2003年以前は、アラビアオリックスは絶滅の危機に瀕していましたが、現在は約100頭の生息が確認されています。

ツアーとチケット

目的地を全て表示