バーン トン ルアン

タイ北部一帯を治めた王朝の首都であったチェンマイには、山岳民族の生活の様子が見学できるバーン・トン・ルアンがあります。ここは、山岳民族の文化保護、生活保護、ということからエコ・アグリカルチャーの村として2005年にオープンし観光化された村です。ラフ族、パロン族、首長族として有名なカレン族が一緒に暮らし、観光客が奥地まで行かなくてもその山岳民族を見学できるように作られた村です。

バーン・トン・ルアンの村は、美しい田んぼや茅葺家屋に囲まれ静かな山間にある村で、山岳民族の生活を見学できる最適の場所です。曲がりくねった道を歩くと、美しく色彩豊かな衣装をまとった女性達を見かけます。手紡ぎ綿と草木染めでつくられた素朴な色彩の手織り布の伝統的な衣装です。多くの山岳民族はミャンマーから移住し、女性の首に真鍮の首輪をつけるなどの伝統的文化を守っています。手作りの手工芸品、宝石、人形や織物が売られており、それは山岳民族の現金収入となっています。

Location
住所: Maerim-Samoeng Road, Chiang Mai, Thailand, タイ
さらに表示

0件のツアー&チケット


Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975