Viator

カンボジアの観光スポット

カンボジア

アンコール・トム

口コミ 186件

クメール王朝時代の最後の都城であったアンコール・トムは、「大王都」を意味する巨大なスケールの城砦都市遺跡です。12世紀に旧首都の跡地に建設されてたアンコールトムは、規模としてはアンコールワットより圧倒的に大きく、約12kmにわたる城壁と環濠によって囲まれています。現在は濠には水が張っていないため、ワニが姿を出す心配も ...  続きを読む

バイヨン寺院

口コミ 186件

バイヨン寺院は、巨大な城壁都市アンコール・トムの中心に位置し、アンコール遺跡観光のハイライトとも呼ばれる建築物です。バイヨン寺院がアンコール・トムの中心地に位置するのは、この寺院が、城郭都市の中で天と地が交わる場所を示しているからです。しかしながら、何世紀にもわたってジャングルに埋もれていた歴史もあります。  ...  続きを読む

アンコール・ワット

口コミ 129件

世界の人を魅了する東南アジア随一の観光名所、アンコール・ワットは、アンコール遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築で、世界遺産となっています。アンコール・ワットは、12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、30年を超える歳月を費やし建立され、スーリヤヴァルマン2世自身の霊廟として、「死」を意味する方 ...  続きを読む

チュンエク キリング・フィールド

口コミ 16件

チュンエクのキリング・フィールドは、 ...  続きを読む

バコン

口コミ 62件

バコン遺跡は、アンコール遺跡群の中でもロリュオス時代の古いものです。バコン寺院は、幾何学的に均整のとれた構造美を持つ5層のピラミッド型に構成されていて、アンコールワットの原型となった建築と言われています。規模的には小さく、古い時代のものでありながらも、壮大なスケールを感じさせる魅力的な寺院です。  ...  続きを読む

プリヤ・カーン

口コミ 62件

プリヤ・カーンは、アンコール・トムと同じ時代に建築された寺院で、往時は、たくさんの僧侶などがこの広大な敷地内に住み、一つの町として見なされていたほどです。この寺院は、クメール王朝のジャヤーヴァルマン7世が、チャンパ王国から戦勝を記念して建築されたものです。外側には、72体のガルダ(インド神話に登場する神鳥)の石像が立 ...  続きを読む

ロリュオス遺跡群

口コミ 62件

ロリュオス遺跡群の3つの主要な寺院は、シェムリアップ周辺のアンコール遺跡群の観光拠点から少し離れた場所に建っています。アンコール遺跡群は北を軸にして建ち並んでいますが、王都がアンコール地域に移る以前のロリュオス遺跡群は、西側に位置しています。クメール王朝が始まった9世紀ごろの王都はハリハラーラヤと呼ばれており、ロリュ ...  続きを読む

バプーオン

口コミ 53件

11世紀に建てられたバプーオンは、他の多くの寺院がそうであったように、古代インドの世界観の中心にそびえる聖なる山、須弥山を形取るヒンズー教寺院として建立されました。後に仏教寺院として改修されています。バプーオン寺院は砂に覆われた土地に建設されたため、他の遺跡と比べる寺院の保存状態が悪く、多くが崩壊しています。  ...  続きを読む

セントラル・マーケット(プサートメイ)

口コミ 2件

プサートメイのセントラル・マーケットは、1937年に建てられた、カンボジアの首都プノンペン最大のマーケットです。巨大な黄色いドームが目印のセントラル・マーケットは、70年の歴史があり、プノンペンで一番人気のマーケットです。  ...  続きを読む

王宮

口コミ 35件

トンレサップ川沿いに建つ王宮は、1866年に建設されました。中心に建つ即位殿は、戴冠式や国王の誕生日など、カンボジア王室の重要な王室行事が執り行われれる公務の場であると同時に、現国王の居住の場でもあります。  ...  続きを読む

オールド・マーケット(プサー・チャー)

オールド・マーケット、またはプサー・チャー(旧市場)は、シェムリアップの街を代表する市場です。主に住民向けの生鮮食料品や生活用品を販売していますが、お土産、アクセサリーや手工芸品なども販売されており観光客に人気の市場です。  ...  続きを読む

カンダル・マーケット(プサー・カンダル)

カンダル・マーケットは、クメール語でプサー・カンダルと呼ばれています。「中央市場」を意味しますが、プノンペンにあるセントラル・マーケットとは別のマーケットです。カンダル・マーケットでは、衣類や日用品も売られていますが、主に庶民の台所として有名で、新鮮食材が中心に売られたマーケットです。  ...  続きを読む

カンボジア - ベトナム友好記念碑

1970年代後半に建設されたカンボジア - ...  続きを読む

カンボジア国立博物館

1920年にオープンしたカンボジア国立博物館は、歴史的価値の高いクメール芸術の世界最大コレクションを誇る博物館です。 美しいギャラリーの中には、カンボジア全土から出土した彫像や遺跡のレリーフ、王家の紋章などのクメール芸術、ヒンズー教や仏教の工芸品、宗教儀式に使用された品々、そして日用品なども展示されています。  ...  続きを読む

クバール・スピアン(千のリンガの川)

アンコール遺跡のひとつであるクバール・スピアンは、シェムリアップの郊外に位置し、ストゥン・クバール・スピアン川の川底、川辺に刻まれたヒンドゥー教彫刻の遺跡です。「千のリンガの川」、または「千のリンガの谷」とも呼ばれるこの遺跡は、アンコール遺跡群から少し離れた場所にありますが、考古学好きや芸術好きには人気の観光名所とな ...  続きを読む