キラウエア・イキ・クレーター

732 件のレビュー

キラウエア・イキ・クレーターは、1959年に噴火し、沸き立つ溶岩の火柱が570メートルにも達したそうです。噴火は、山上近くの小さいクレーター近くで起き、流れ出した溶岩が手前の大きなクレーターに流れ込んで3メートルの溶岩湖を出現させました。今日に見られるる真っ平らな大地はこのときできあがったものです。今日、キラウエアは、世界で最も活発な火山とい言われており、大地の形成と破壊の原始的プロセスをいまだに目撃できるハワイの聖地です。

50年前に噴火したにもかかわらず、キラウエア・イキ・クレーターは、ハワイ火山国立公園の中で一番人気のある観光場所です。噴火50年後の今も大地のパワーや鼓動も感じられ、大地には熱も残っています。この国立公園で最も人気のトレイルは、火口を見下ろすように歩きながら植物が多く自生する林の中を歩き、火口に下って広大な溶岩の上を歩く2時間のコースです。

Location
住所: Kilauea Iki Crater, Hawaii 96778, アメリカ
さらに表示

ツアー&アクティビティ (7)

Close
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準





ハワイ島のおすすめ


Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975