ケアウホウ・ベイ

ケアウホウ・ベイは、ゴルフコース、コンドミニアム、高級リゾートなどが建設される前、王の誕生の地と知られた小さな町でした。1814年ケオプオラニ女王は、ケアウホウ・ベイにカヌーで到着直後、産気づきました。女王はカメハメハ3世を出産しましたが、死産となったのです。しかし、預言者が、近くにあった泉で赤ん坊を清めると、息を吹き返し産声を上げたといわれています。その後、カメハメハ3世は、ハワイ王朝最長の在位期間を持ちました。カメハメハ3世の石碑・カウイケアオウリ・ストーンは、歴史登録財となっています。

ケアウホウ・ベイはケアラケクア・ベイへのシュノーケルツアーの出発地点として有名です。夜になると、たくさんの鬼糸巻エイがケアウホウ・ベイを訪れ、表層を遊泳しながらプランクトンの群れを食べます。そのため、夕暮れ時のシュノーケルや夜のダイビングはとても人気のがあります。また、スタンドアップパドルやカヤックもレンタルできるので、気軽にマリンスポーツが楽しめます。

Location
住所: Keauhou, Hawaii, アメリカ
さらに表示

ツアー&アクティビティ (3)

Close
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準



ハワイ島のおすすめ


Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975