カロコホノコハウ国立歴史公園

コナ海岸は、荒野のような真っ黒い溶岩の台地が広がル場所です。ネイティブ・ハワイアンたちがどのようにこのような荒地で生活してきたか想像するのは難しいものです。しかし、このエリアには、多くのネイティブ・ハワイアンが暮らし、その厳しい自然の環境を最大限利用して生活してきました。 カロコホノコハウ国立歴史公園は、コナ国際空港の南側に位置しています。海側に続くトレイルは、古代のフィッシュポンド(養魚池)がある湿地帯へと続きます。古代のハワイ人が建設した聖域・ヘイアウも見学することができます。太陽が高く昇ると、コナ海岸は暑さも増すので、美しい白浜が広がるホノコハウビーチで暑さをしのぐのもいいでしょう。海岸沿いにあるクイーンズ・バスに浸かり、美しい海の景色を眺めることもできます。穴場とも言えるこの場所で、リラックするのもいいでしょう。 カロコホノコハウ国立歴史公園内にはアラ・カハカイ国立歴史トレイルもあり、ハワイの古代の歴史が広がる野外博物館ともいえるトレイルです。

Location
住所: Kaloko-Honokohau, Kalaoa, HI 96740, アメリカ
さらに表示

ツアー&アクティビティ(2)

Close
icon-filter絞込み
すべて解除
並べ替え:標準

ハワイ島のおすすめ


Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975