ベルリンの観光スポット 目的地を全て表示 

ザクセンハウゼン

口コミ 772件

ベルリンの北部にあるザクセンハウゼン強制収容所は、ナチス・ドイツが設置した強制収容所の中でも最も残酷な強制収容所の一つとして知られています。

1936年の夏にエムスラント収容所の囚人達によって建設されたこの強制収容所は、他の強制収容所を監視する親衛隊員を訓練する場所として利用されていました。1945年の1月には1万3000人の女性を含む6万5000人以上もの囚人が収容されており、合計10万5千人のユダヤ人がこの強制収容所で命を落としました。ザクセンハウゼン-オラニエンブルクは1945年の4月22日に連合軍により閉鎖され、その後はソ連が1950年まで捕虜収容所として使用していました。

ザクセンハウゼンのあるオラニエンブルクはベルリン市街から電車で約1時間。現在はザクセンハウゼン記念施設・博物館として一般公開されています。毎週火曜日と金曜日には図書館と資料館が一般公開され、屋外の展示エリアや記念碑はいつでも見学出来るようになっています。実際に強制収容所だった建物には、収容棟、牢屋、台所や監視員の事務所など残虐な歴史を伝える12の展示エリアが設けられています。入場は無料ですが、ガイド付きツアーも行われており、参加費は約15ユーロ。

ツアーとチケット

目的地を全て表示