北京 胡同(フートン)

22 件のレビュー

北京の胡同は、旧城内を中心に点在する細い路地、横丁のことを意味します。北京には数千本と、おびただしい数の胡同が故宮の周囲に張り巡らされています。北京に高層ビルが立ち並ぶ前の街の面影が残る場所です。

かつて3,000を数えたといわれる胡同ですが、文化大革命で、数多くの文化遺跡は破壊の運命に遭いました。その後、改革開放では、数々の胡同はブルドーザーで跡形もなく壊され、その跡地にモダンな高層ビルが建てられました。近年開発に伴い胡同は少なくなりつつありますが、紫禁城に近くに建つ鼓楼と鐘楼の付近には、胡同が多く残り、裕福層や官僚が多く屋敷を構えています。下級階層が住んでいた庶民的な胡同も貴重な文化遺跡として保護されています。 胡同の名前には土地の特徴、姓、有名な建物、市場、道の形からついた名前があり、親しみやすい名前が多く、地名を見ているだけでもなかなか楽しい場所です。

さらに表示
ツアー&アクティビティ(25)
times
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準

























mobile_o
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975