Viator

北京の観光スポット 目的地を全て表示 

798芸術区

北京の北東部に位置する芸術エリア、798芸術区は、1950年代から軍事機器や半導体などを生産していた工場群「718聯合廠」のあった場所でした。現在この共産圏の暗い雰囲気の建物は、バウハウスの堅いイメージから変貌し、商業化を経て、中国の現代アートが結集するエリアへと発展しました。バウハウスのギャラリー、スタジオはもちろん、レストラン、カフェもある人気スポットです。

798芸術区の敷地面積は大きいため、時間をかけてゆっくり散策してみてください。特にこのエリアで一番の作品が集結するロング・マーチ・スペースはお勧めです。幅広いジャンルの作品を扱うギャラリーで彫刻、写真、絵画のコレクションが並んでいます。ギャラリーの中でも毛沢東のキャッチコピーが印象的な798時態空間、百年印象撮影画廊のフォトギャラリーは有名なギャラリーです。 中国の現代アートの画集はもちろん、芸術関係の書籍を購入したいなら、タイム・ゾーン8ブックがお勧めです。その後は、お洒落なレストランやカフェで休憩してみてはどうでしょう。

ツアーとチケット

目的地を全て表示