Viator

バルセロナの観光スポット 目的地を全て表示 

カサ・バトリョ

口コミ 39件

バルセロナで一番ファンタジーある建築物は、1904年~1906年の間カタルーニャの建築家アントニ・ガウディによって制作されたグラシア通りの中心に建つカサ・バトリョです。建物は、ジュゼップ・バトリョから依頼をうけこう名づけられ、通り上最も革新的な建物です。この地区は「Mançana de la Discordia(不和の林檎)」という別名を持ちます。

19世紀のこの建物は、ガウディによって手の込んだアール・ヌーヴォー形式で完全に改装されました。2005年ユネスコの世界遺産に登録された後、カサ・バトリョは街の中の屈指の観光名所となりファサードの石柱が骨を想起させることから「骨の家」というあだ名もあります。

ツアーとチケット

目的地を全て表示