黄金の丘 (ワット・サケット)

76 件のレビュー

ワット・サケット、通称・黄金の丘寺院は、バンコク王朝が創建された後すぐに、ラーマ1世によって建立されました。ラーマ1世は、この寺院で散発し、即位式に臨んだそうです。城壁の外側に建てられた寺院は、バンコクを伝染病が襲ったラーマ2世の時代には、遺体を埋葬する場所と化した歴史もあります。

その後、ラーマ3世によって大きな仏塔が建設されましたが、沼地で地盤がゆるく、支えきかったため、仏塔は崩壊してしまいました。その際に人口の丘が作成され、ラーマ5世によって金色の仏塔を伴った建物が再建されました。黄金の仏塔の中には、インドからの仏像や仏舎利が納めてあるといわれています。コンクリートの壁は第二次世界大戦の時に敵から丘を守るために付け加えられました。 金色の仏塔に続くらせん階段を上ると、丘の頂上にたどりどり着きます。頂上の回廊から見えるバンコク市街の景色はとても美しいです。暗闇に光る黄金の丘も美しいですが、日中、金色に輝く塔と青空のコントラストも見逃せません。

Location
住所: Ratchadamnoen Klang and Boripihat Roads, Old City, Bangkok, タイ
さらに表示

ツアー&アクティビティ (26)

times
icon-filter絞込み
すべて解除
日付を選択
並べ替え:標準













mobile_o
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975