ドゥシット宮殿

ドゥシット宮殿は、1903年ラーマ5世によってヨーロッパ様式で建造された数々の宮殿の総称です。伝統的な建築である王宮(グランドパレス)とはまったく違った雰囲気のある宮殿です。ラーマ5世は、タイで始めてヨーロッパを訪問した王であり、ヨーロッパ建築に影響され、ヨーロッパの近代国家の制度を導入したことでも有名です。

宮殿の周辺は、王室関係者の邸宅や官公庁舎が並ぶタイ国の政治の中心地であり、宮殿は100年を超えた現在でも権力をもつ建物です。芸術的、建築学的に興味深い建物で構成されいるドゥシット宮殿の中心となるのが、ラーマ五世の邸宅であったウィマンメーク宮殿です。この宮殿は、黄金チーク材でできた世界最大の木造建築物であると言われています。敷地内にはたくさんの博物館もあり、王室儀式の写真展、先史時代の陶器展、骨董時計展などを見学できます。

Location
住所: Vajira Hospital 295 Ratchasima Rd, Dusit, Bangkok 10300, タイ
さらに表示

ツアー&アクティビティ(2)

Close
icon-filter絞込み
すべて解除
並べ替え:標準


Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975