パーンパイン宮殿

パーンパイン宮殿は、バンコクから約60kmの距離にあり、アユタヤからも数キロの距離にあります。パーンパイン宮殿は、アユタヤ王朝プラーサートトーン王によって17世紀に建てられました。その後、ビルマ人に破壊された後は、100年間に渡り廃墟と化していました。

1850年代にラーマ4世(モンクット王)によって宮殿の一部が修復され、その後、ラーマ5世(チュラーロンコーン王)が宮殿の大部分を修復し、拡張しました。今日、パーンパイン宮殿は、タイ王室の夏の宮殿として使用されています。 パーンパイン宮殿は、数多くの宮殿からなる宮殿群で、それぞれの宮殿の建築スタイルはとてもユニークです。プラティナン・ウェーハート・チャムルーン(明天殿)という中国風の宮殿、黄金を使って建てられたタイ風のプラティーナン・アイスワンティップアート呼ばれる池の上に建つ離宮、ルネサンス様式、ロココ様式の宮殿などが建ち、タイの代表的な西洋建築物とされています。

Location
住所: Highway 308 Ban Len, Bang Pa-In, Thailand 13160, タイ
さらに表示

25件のツアー&チケット














Phone
オンライン予約で問題が発生した場合は、
+81 6 4560 2975
お問い合わせはこちら:+81 6 4560 2975