アンコールワットの観光スポット 目的地を全て表示 

バイヨン寺院

口コミ 189件

バイヨン寺院は、巨大な城壁都市アンコール・トムの中心に位置し、アンコール遺跡観光のハイライトとも呼ばれる建築物です。バイヨン寺院がアンコール・トムの中心地に位置するのは、この寺院が、城郭都市の中で天と地が交わる場所を示しているからです。しかしながら、何世紀にもわたってジャングルに埋もれていた歴史もあります。

他の遺跡と同じように、クメール王朝の王、ジャヤーヴァルマン7世が在位していた12世紀頃に建築されたと言われています。バイヨン寺院では、観世音菩薩の四面塔が有名で、四面に顔面が彫られた塔がずらりと並ぶ様子は、まさに壮観です。観世音菩薩だと言われていたり、王を似せて彫られたとも言わていますが、どのお顔も穏やかな微笑を見せています。

バイヨン寺院では、回廊に描かれているレリーフも有名で、寺院を一周を取り巻くように塀にレリーフが彫られています。当時の生活、聖なるもの、戦闘の一端などを描いたものが壁一面を覆うように繊細に彫られています。

ツアーとチケット

目的地を全て表示